コンテンツにスキップ

【EP#75】 SLOW FASHION LIVE スプリングデニム特集

デニムは季節問わず通年コーディネイトで使える点や、丈夫な作りから長い年月履ける点で持続可能なファッションを代表するアイテムの一つです。

しかし製造面では原料となるコットンの栽培時や製作工程で莫大な水量を使用することが問題となっています。

その量は1本のデニムを作るのに最大約10,900ℓ(およそ一人当たりが12年かけて飲む水量相当)の水にも及びます。
水使用量の削減方法として、化学薬品を使わないため水使用量が少ないオーガニックコットンの使用や、リサイクルコットンを使用することで栽培自体を減らす方法もあります。
他にはレーザー機能を使う事により、染料を洗い流しや漂白する工程での水使用量削減を行うローウォーター製法も方法の一つです。最近では、コットンよりも少ない水で育つヘンプを使用したデニムも注目を集めています。

今回のスローファッションライブは「スプリングデニム特集」 Enter the Eで取り扱うブランドのサステイナブルデニムを、春らしい明るい色や軽やかな素材のトップスと合わせてご紹介。 カジュアルにもきちんと綺麗めにも履けるデニムの形や特徴をおさえながらお届けします。