コンテンツにスキップ

AIRPAQ

 

 

 


ごみを宝物に換える。 ”車の廃材から生まれたバッグ ~Upcycled from car waste~” AIRPAQは2017年にドイツで創立されたサステナブルバッグブランドです。捨てられてしまうはずのエアバッグやシートベルトなどの車の廃材を再利用(アップサイクル)して商品をつくっています。人の命を守るために様々な安全基準をクリアし、車に装備されるエアバッグやシートベルト。その多くは幸いにも作動することなく、日々大量に廃棄されています。軽量かつ強度のある優れたこの素材を捨てるのではなく、バッグへとアップサイクルすることでごみを減らし、新たな価値を創造・サステナブルな社会実現を目指しています。